2017年02月07日

昨日は

お店の方はお休みをいただきまして藍染の職人さんの所へ


今年の夏のT-Shirtsに使う糸の藍染めを。

まず糸のアク抜き(すでにされた状態)
P2065807.JPG


そこから染めの開始


甕につけ
P2065811.JPG


そして絞る
P2065812.JPG



薄っすら藍が付着
P2065815.JPG






さらに甕に浸け
P2065824.JPG


絞る
P2065825.JPG




染め重ねていき青が濃くなっていきます。
P2065817.JPG





さらに甕を変え、浸ける、絞る
P2065834.JPG



とさらに青さが濃くなっていきます。
P2065826.JPG




紺色くらいの濃さに染めるにはさらに染めを重ね、洗い、乾燥、また染め、洗い、乾燥を繰り返して藍染の糸が出来上がります。





見てると悪い癖でやりたくなってくるんですよね・・・。

「僕もやらせてもらえません?」というと「その糸だけムラなるで」と職人さん。

「まぁ後で調整するからやるか」とやらせてもらったんですが竹で絞る事の難しい事、難しい事



邪魔&ムラになるだけなんで早々に止めました。



冬の染め場は藍甕の温度を保つ為、甕の間に籾殻に炭を入れておりその燻された匂いが染め場に充満してとてもいい匂いがしてます。
P2065833.JPG


でその中にさつま芋を入れて焼き芋を作るんです。


ストーブに当たり焼き芋食べながら職人さんが「やると出来んもんやろ?」と

「むちゃくちゃ難しいですやん!」

「慣れたら誰でもでけるこっちゃ。」

普通はそら簡単には出けんとか言うでしょ〜!!

60年続けてる人から発せられると重みが・・・。









今年も素晴らしい糸になりそうです。










職人さんに感謝&リスペクト










それではまた




posted by take at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする